地域振興に貢献し、広がりを見せる太陽光発電

太陽光発電に向いているエリア

太陽光発電は、陽当たりの良い場所であれば、太陽光パネルを設置するだけで発電できる便利なシステムです。日本は山間部の斜面に太陽光パネルを置けるエリアが多く、積極的に太陽光発電システムを取り入れる地方自治体が少なくありません。山の斜面の樹木を伐採し、一面に太陽光パネルを設置した風景は、全国各地で見られるでしょう。特に、日照時間の長い山梨県の北杜市などでは、太陽光発電が盛んに行われています。

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電は、火力発電や原子力発電に頼ることなく電気を供給できる自然エネルギー源として、期待されています。太陽光発電は核廃棄物や排気ガスを排出するリスクを避けられるので、クリーンなエネルギー源と言えるでしょう。太陽光発電を採用すれば、電力会社からの供給を抑えられるだけでなく、逆に電気を電力会社に売ることも可能です。ただし、陽射しの強い夏場は発電量が多いものの、冬場はさほど発電量が多くありません。そこで、風の強いエリアであれば、太陽光発電と風力発電を組み合わせるなど工夫が必要です。

また、パネル設置エリアに雑草が生い茂ると、パネルが日陰になって発電量が減ってしまいます。雑草対策としては、パネル設置エリアでヤギを放し飼いして雑草を食べさせるといった方法が挙げられるでしょう。この方法なら、除草剤のように自然環境に悪影響を与えるおそれもなく、ヤギの飼料も節約できます。パネルさえあれば発電できるため、個人の家でも設置できます。まだパネルの価格は高額と言えますが、太陽光発電が広がれば、次第に価格も下がるでしょう。

太陽光発電の価格は非常に大切なチェックポイントです。事前に自分で調べたり、担当の人に質問することで、その後のストレスを減らすことができます。