一人ひとりの社員の年齢やポジションに応じた研修を効果的に行うには?

新人研修は社内での目標を持たせられるよう心がけよう

社員研修は、自信をもって仕事に取り組めるようにしたり、社員同士のコミュニケーションを活性化したりするうえで貴重なチャンスとなっています。特に、新人研修を企画するにあたっては、入社をして間もない社員が職場内で早く馴染めるようにするのはもちろんのこと、社内での目標を持たせられるようにすることもとても重要です。

新人研修にふさわしいテーマや研修の手法は、それぞれの企業の事業内容や職種によって異なりますが、なるべく一人ひとりの新入社員が主体的に物事を考えられるようにしたり、プレゼンやグループワークなど人前で発表をする機会を多く取り入れたりすることが有効です。また、研修を通じて得たことを無駄にしないためにも、新人研修の後に配属先で上司や先輩の社員が個別のフォローを行うことも大事です。

中堅社員研修はスキルアップに繋がる内容を採用しよう

中堅社員研修を実施するにあたっては、個々の社員の年齢や職種、過去のキャリアなどを考慮しつつ、できるだけスキルアップに繋がる内容を採用することがポイントです。また、必要に応じて自社内のベテラン社員に研修の講師役を任せるだけでなく、外部の企業や社員研修の専門業者に在籍するプロの講師を派遣するのも良いでしょう。最近では、中堅社員研修の一環として、日々の業務に直接関係がある資格や免許の取得に向けた勉強会を開いたり、オンライン教材を導入したりする企業も増えています。その他、より効果的に中堅社員の能力を高めるうえで、研修の後に定期的にフィードバックができるプログラムを考えることも大切です。

社員研修は、新人が配属先で上手く馴染めるようサポートしたり、中堅社員のスキルアップを行ったりするうえで欠かせません。